会長挨拶・クラブ方針ごあいさつ


1955年12月に誕生した浜松ホストライオンズクラブは今期63期目を迎えます。
これまでの浜松ホストライオンズクラブは、62年の長きに渡り、先人たちが崇高な理念のもと、尊い奉仕活動を経続してこられました。
然しながら、近年の社会環境や価値観の変化など、ライオンズ生誕100年を過ぎた今、改めて、原点に立ち返り夢を求め、絆を深め、奉仕の輪を広めていくとの想いを、依り行動に移していく時であると感じております。
今期も活動エネルギーの源である逞しい会員の拡大と、活発なコミュニケーションを通じての的確な奉仕活動の実践、楽しい雰囲気での独自性のある例会など、ルールと規律を重んじた当クラブの伝統を継承しながらも、皆で時代の流れを読み取り、この浜松ホストライオンズクラブを、さらに輝くクラブにしていきたいと考えます。
 当クラブは、未来にも存在する奉仕団体としてWe Serveの気持ちを忘れず、地域社会の皆様に対し微力ですが『助け合える社会の実現』をサポート出来る団体として、望まれるアクティビティをメンバーと共に、企画し実践して参りたいと考えております。
 これからも変わらぬ、ご理解、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。


【基本方針】
1.会員増強目標20名及び新会員へのオリエンテーション実施
2.親睦を深められる例会の開催と出席率向上 80%
3.継続奉仕と新しい奉仕の検討実施
4.情報の共有とPR活動拡大
5.LCIF献金と交付金についての勉強