クラブ概要・沿革
■クラブ概要
名 称 浜松ホストライオンズクラブ
結 成 1955年12月10日
チャーターナイト 1956年 6月 2日
チャーターメンバー 73名(現在1名)
スポンサークラブ 京 都 ライオンズクラブ
事業実績(金額) 累計 21,504,165(2014.7.1現在)
会 員 数 117名          (2017.7.1現在)
(終身会員2名、不在会員1名、名誉会員2名)
例会 開催日 第2・第4金曜日 12:15~13:30
会  場 オークラアクトシティホテル浜松
クラブ・スローガン 友愛を深め「一致協力」まごころ奉仕
クラブ事務所 〒 430-7733 浜松市中区板屋町111-2
オークラ・アクトシティホテル浜松33F
TEL/053-454-9396 FAX/053-452-2091

 

会則及び内規 浜松ホストライオンズクラブ会則は、国際協会において定められたライオンズクラブ会則および付則(標準会則)を採用している。 標準会則に示されていない細目については別に内規が定められている。
エクステンション・クラブ ① 1957年 4月10日 静岡L.C.
② 1957年 8月 1日 磐田L.C.
③ 1961年11月 4日 天竜L.C. 
④ 1962年11月10日 森町L.C.
⑤ 1962年12月23日 浜北L.C.
⑥ 1963年 3月23日 奥浜名湖L.C.
⑦ 1963年 7月25日 掛川L.C.
⑧ 1966年 6月26日 新居町L.C.
⑨ 1975年 6月20日 浜松葵L.C.
⑩ 1975年 6月20日 浜松舘山寺L.C.
⑪ 1977年12月12日 浜松西L.C.
⑫ 1978年 6月26日 浜松東L.C.
⑬ 1980年 1月29日 浜松南L.C.
⑭ 1980年12月29日 浜松リバティL.C.
① 1969年11月 5日 浜松レオクラブ
① 1976年 4月 6日 浜松ライオネスクラブ
姉妹提携
友好締結クラブ
(1)姉妹提携クラブ
① 1974年12月11日
フィリピン・マニラ(ホスト)L.C [301-A1地区]
② 1975年 2月18日
函館L.C. [331-C地区]
③2012年6月23日
マニラ・サンパロックLC [ 334-A1地区 ]
(2) 友好締結クラブ
①1987年 3月 5日  豊橋L.C. [334-A地区]
②1987年 3月 5日  飯田L.C. [334―E地区]
 締結調印は未締結     常滑L.C. [334-A地区]
YE、献眼、献血実績
(2008年7月31日現在)
① YE派遣青少年数累計 69人(’68年より)
   受入青少年数累計 52人(’67年より)
② 献眼登録者数累計 2566人(’76年より)
    献眼者数累計   79人(’76年より)
③ 献腎登録者数累計 1980人(’85年より)
    献腎者数累計    6人(’87年より)

このページのトップへ戻る▲

■浜松ホストライオンズのあゆみ・主要事業
1957年 3月
1959年11月
1960年 9月
1961年 3月
1963年 9月
1964年 5月
1965年12月
1966年 2月
1967年 1月
1968年 5月

1069年 9月
1970年 1月

山下清作品展を開催し収益金にて十字路シグナル設置。
新聞少年を招待し励ます会を実施 。
90歳以上の老人に座椅子を贈る。 65,600円
市内の新入学児童へ黄色い帽子を贈る。 30,000円
町を美しくする運動としてクズカゴ60ヶを市内に設置。  120,000円
302E―2地区年次大会記念事業として友愛の塔建設基金として。  596,000円
市内社会福祉施設5カ所を慰問し、クリスマスプレゼントを贈る。 141,400円
10周年記念事業として市へ救急車を贈呈。 2,100,000円
ライオンズ50周年記念平和論文コンクールを実施、応募者121名。 170,288円
「交通の災禍をたとう愛の手で」のスローガンにそって交通安全週間にキャンペーン実施。 328,164円
市心身障害児童福祉センターへジュータン59平米を贈呈。 1,056,000円
青少年演劇センター建設資金獲得のため、劇団たんぽぽの公演を主催。1,418,638円
1971年 3月

1972年 4月
1973年 6月
1974年 4月
1974年12月

1975年12月

1976年 4月






1977年 1月

1978年12月
1979年 5月
1980年11月
C.N.15周年記念事業として、赤十字血液センターへ 血液輸送車を寄贈。
市消防 署へ吹奏楽器を寄贈。青少年野外訓練センター施設建設。 7,012,000円
市内自転車通学中学生へ安全ヘルメットを贈る。 190,000円 
アイバンク基金40万円をアイバンク造成委員会へ贈呈。
「日伊国際映画の夕べ」を主催、日伊文化交流の一助とする。 335,504円
「寝たきり老人へ愛の手を」のスローガンのもとチャリティバザーを開催し、 売上金を寝たきり老人へ贈呈。390,000円
ライオンズ農場を開設し、大根を栽培し、チャリティバザー開催の際販売する。
バザーの収益金共々交通遺児へ贈る。     653,997円
C.N.20周年記念事業として、
・ 安間川公園へ中央庭園造成寄贈
・ 船越公園へライオンズの森造成寄贈
・ 野外訓練センターへプール造成寄贈
・ 浜松北高校生物部研究発表協力
・ 浜松ライオネスクラブ結成
・ アイバンクへ全員献眼登録        1,347,445円
浜松葵、浜松舘山寺クラブとの合同Actとしてチャリティショーを開催し 収益金を福祉施設の設備費として贈呈。  1,886,623円
ライオンズ農場にて大根を栽培し、3,000本を市内小中学校等へ贈る。
中田島砂丘にて早朝例会を行い、清掃作業を実施する。
25周年記念事業としてLCIFへ全員登録、アイバンク設立基金拠出、緑化基金拠出。 6,558,900円
1981年 3月
1982年11月
1983年 3月
1983年 9月
1984年 3月

10月

1985年 3月
1986年 3月









 

1987年 2月3月

10月


12月

1988年 3月



7月

12月

1989年 3月
1990年 1月

3月
チャリティーコンサートを開催し、収益金を交通遺児の援助金他に贈る。 1,244,000円
市立中央図書館へ点字図書212冊を寄贈。  600,000円
新設された市立動物園に太陽エネルギー時計塔3基寄贈。 4,498,000円
浜松医科大学産婦人科及小児科へ研究助成金贈呈。  2,500,000円
中国よりの留学生である静岡大学工学部学生葉冬柏さんへ奨学金2ヶ年分を贈呈。1,680,000円
「すべての障害者に愛の手を」のテーマの下、チャリティー公演を開催し 福祉施設より220名の方々を招待する。 収益金を肢体不自由児親の会へ助成金として贈呈。 1,000,000円 
浜松口腔保健医療センターへ歯科衛生教育指導用V.T.R.装置、フイルムを寄贈 520,000円
C.N.30周年記念事業として、
・ 浜松ライオンズクラブ事業基金の設定。
・ 盲導犬2頭を二人の視力障害者へ贈呈。
・ 浜松いのちの電話開設基金贈呈。
・ 浜松市佐鳴湖アクアトピア構想への援助。
・ 浜松市消防本部へ楽器贈呈。
・ (財)静岡県アイバンクへ基金贈呈。
・ 静岡県腎臓バンク開設基金贈呈。
・ 浜松市社会福祉協議会へホームヘルパー用自動二輪車、医療器具を贈呈。
・ L.C.I.F.へ会員一人当たり$10の基金を全員拠出。
・ 豊橋L.C.との合同事業「ライオンズレインボーコンサート」を開催、
その他の事業実施 計 33,000,000円
クラブ初の腎臓移植者城取克様の諸手続きを実施。
浜松城公園造成広場へ樫、椎などを植樹し、緑化推進の一助とする。 1,500,000円
薬害防止事業の一環として「シンナー防止」ポスターと「シンナー、覚醒剤防止」リーフレットを作製し市内高等学校、地域内自治会、浜松市教育委員会などへ配布し啓発運動を展開する。  270,000円
聴覚障害者のための手話講演会(講師は全日本聾唖連盟手話研究会の大原省三氏)を開催し県内外より250人が集う。 170,000円                         
ハイチ共和国にて医療活動を続けているクリスト・ロア修道女会を通じて同国の結核、
精神 病患者の救済義援金として100万円を贈る。
JR浜松駅構内の献血ルームにテレビ、ビデオレコーダーと緊急血液運搬車輌を寄贈1,600,000円
日瑞親善と青少年の国際交流の一環としてスウェーデンテビュ・カンティリナ合唱団と市内の青少年合唱団との合同演奏会を1Z.と3Z.合同共催。
浜松市社会福祉協議会へ事務処理合理化の一助としてOA機器一式を寄贈。 2,000,000円
浜松赤十字血液センターへ献血推進の一助として献血広報車1台を寄贈。 1,194,750円
第30回浜松市内児童生徒読書感想文コンクール及び記念式典を開催し243点の優秀作 品表彰と記念講演会開催(児童文学者今江祥智氏の公開公演)       3,623,990円
市民の文化振興と親睦の一助として「チャリティーダンス・パーティ」を開催。800人の市民が集う。収益金他を浜松市社会福祉協議会へボランティアの育成並びに活動援助資金として贈呈。 2,265,000円
1991年 3月




11月


1992年 3月

11月

1993年 3月

1994年 3月

1995年 3月


11月

1996年 3月

1997年 4月


5月
1998年 3月




10月
1999年10月

 2000年 1月


 3月


9月
C.N.35周年記念事業として“人命救助はみんなの手で”のテーマのもと、「国立ボリショイ舞台サーカス・チャリティーショー」を開催。市民3000人の入場を得る。収益金で救急車1台を購入し、浜松市中央消防署へ寄贈。6,000,000円
浜松赤十字血液センターへ献血推進事業の一環として血液運搬車1台を寄贈。 1,393,286円
 「21世紀を担うこどもたちに夢と感動を」をテーマに人形劇ミュージカルのチャリティー・ショーを開催。市内幼稚園、小学校低学年を中心にその父兄など約2200人の市民が観劇する。また、観劇後の感想絵画コンクールも実施し優秀作品の展示、表彰を行う。
収益金他で浜松中央図書館に新設された「青少年コーナー」の“ライオンズ文庫”2500冊購入し寄贈する。   
市民の救急処置の習得と医療応急処置訓練のために蘇生訓練用生体シミュレーターを浜松医療センターへ贈呈する。 3,759,500円
浜松城公園に蛍を棲息させる事業の一環として元城小学校へ蛍の餌の川蜷飼育用水槽を贈呈する。また、蛍500匹を同公園内に放し自然繁殖を試みる。
「青少年のための古典芸能鑑賞教室―歌舞伎」を開催し市内22の高校より510人の生徒を招待する。一般市民も集め昼夜2部構成で計1500人の入場を得る。9,300,000円 
第2回目の「青少年のための古典芸能教室―雅楽―」公演を開催。市内の高校生400人を招待する。出演者は宮内庁雅楽有志の雅楽団体十二音会の協力を得て盛会に催される。 5,904,965円
C.N.40周年記念大会を開催。大会は一般公開され一般市民1000人が参加する。記念事業として浜松アートワークへモニュメント“風の中で”を寄贈する。   25,294,088円
第3回目の「青少年のための古典芸能鑑賞教室―古典落語」を開催。市内の高校生200人と一般市民600人が鑑賞する。 4,416,620円 
第4回目の「青少年のための古典芸能鑑賞教室―能・狂言」を開催。高校生430人、一般市民800人の入場を得る。
高校生のボランティア活動の奨励支援のための調査アンケートを市内高校に対して実施する。
第5回目の「青少年のための古典芸能鑑賞教室」として  「文楽」を取り上げる。人間国宝吉田簑助師の出演を得て 市内高校生300人、一般市民700人が鑑賞する。  8,218,499円
ライオンズクラブ国際協会の主要事業である「アイへルス・プログラム」の一環として「1Z.合同アイへルス・健康セミナー」が実施され300人の聴衆を得る。
独居老人宅500軒へ火災警報器を贈呈。   841,700円
中学生のボランティア活動推進と支援のため地域内の中学校へ呼掛け中田島砂丘の清掃奉仕を行う。参加生徒は345人参加のもと6tのゴミを拾う。
第40回市内小中学校児童生徒読書感想文コンクールを開催する。40回を記念特別賞として「環境賞」を加える、市長賞、教育長賞、環境賞を始めとする入賞者503名を表彰し賞品を贈る。 1,177,671円
第6回「青少年のための古典芸能鑑賞教室」として「能・狂言」2回目の教室を開催する。招待生徒数490人、一般鑑賞者650人となる。生徒参加のセミナーが好評でした。  6,195,555円
第2回目の中学生ボランティア清掃作業を実施する。
今回は500人の中学生が参加し、中田島砂丘の清掃奉仕作業が雨天の中実施された。
2001年 1月


2002年 1月

8月
2003年 1月

8月
11月
2004年 1月

2004年11月

2005年 4月

2006年 2月

4月



2007年 11月
2008年  1月
10月
11月

2009年  1月

10月

2010年  1月

10月
第7回「青少年のための古典芸能鑑賞教室」が実施される。今回は45周年記念事業として、鑑賞希望の最も多い「歌舞伎」を取り上げる。市内高校より650人の生徒を無料招待する。    10,526,232円 
第42回浜松市内児童生徒読書感想文コンクールを開催。市内小中学生から17,840点の応募、478点が入賞、賞品の贈呈を行う。 1,251968円
知的障害者施設[浜松協働学舎]の方々を家族会の地引網に招待した。
第43回浜松市内児童生徒読書感想文コンクールを開催。市内小中学生から19,373点の応募、54点が入賞、賞品の贈呈を行う。 1,309,006円
昨年に続き、知的障害者施設[浜松協働学舎]の方々を家族会の地引網に招待した。
第5回中学生とともに中田島海岸清掃奉仕を実施する。
第44回浜松市内児童生徒読書感想文コンクールを開催。市内小中学生から20,309点の応募、54点が入賞、賞品の贈呈を行う。   270,787円
三浦雄一郎講演会エベレスト世界最高齢登頂「高く遠い夢」のテーマで開催。一般市民(約350人〉を招待した。
五木寛之文化講演会「青い鳥のゆくえ」のテーマで開催。
浜松市内の高校生(230人)一般市民(400人)を招待した。 1,490,546円
太田山青少年野営施設整備事業(CN50周年事業) 10,940,000円
浜松市街路樹緑化推進支援事業(CN50周年事業)  6,995,400円
NPO浜松フィルハーモニー管弦楽団協会活動支援事業 (CN50周年事業)10,000,000円
アイバンク支援事業(CN50周年事業)   500,000円
腎バンク支援事業(CN50周年事業)    500,000円
視力ファーストⅡ(CN50周年事業)    3,000,840円
第9回中学生とともに中田島海岸清掃奉仕を実施。 246,501円
第48回浜松市内児童生徒読書感想分コンクールを開催。
市内小中学生から25,225点の応募、72名の入賞者に賞状等授与。 259,862円
浜松市内の中学生とともに佐鳴湖ヨシ刈り及び清掃作業を実施。
県指定無形民族文化財「横尾歌舞伎」の保存活動の支援。300,000円
第49回浜松市児童生徒読書感想分コンクールを開催
市内小中学生から24,686点の応募、72名の入賞者に賞状等授与。258,628円
浜松市内の中学生とともに佐鳴湖ヨシ刈り及び清掃作業を実施。85,941円
第50回浜松市児童生徒読書感想分コンクールを開催。
市内小中学生から25,886点の応募、72名の入賞者に賞状等授与。204,608円
第51回浜松市児童生徒読書感想分コンクールを開催。
市内小中学生から25,880点の応募、71名の入賞者に賞状等授与。187,406円
2011年  4月

6月
公園使用のベンチを制作。動物園及びフラワーパークへ各20脚寄贈。896,853円
CN55周年記念例会にて「鈴木重子チャリティコンサート」を開催。
チケット及びCD売上の収益金を東日本大震災復興支援金として浜松市長に手渡しました。  1,104,850円 
2011年  7月
10月
2012年  1月

2012年  2月
2012年  3月
2012年  4月
2012年  6月


薬物乱用防止啓発用パネル購入  318,400円
薬物乱用防止講座の受講者に配布するQUOカード作成  440,500円
第52回読書感想文コンクールを主催。市内小・中学生から27,500点の応募
72名の受賞者に賞状等授与。  187,759円
例会にて160本の植樹  174,300円
読書感想文コンクール最優秀受賞者3名を例会に招待し、図書券贈呈。144,570円
夏季YCE派遣生を公募、2名の派遣生の渡航他必要経費を助成。  660,000円N56周年記念例会にて「ミネハハチャリティコンサート」を開催
集まった義援金を浜松市交通遺児等福祉事業基金に寄付  137,000円
「ミネハハチャリティコンサート」出演料、音響他、費用拠出。  973,066円
夏季YCE派遣生2名に助成金贈呈  200,000円
2012年  7月
2012年  10月
2012年 11月

2013年   1月
2013年  2月
2013年  3月
2013年  3月
2013年  4月
2013年  4月
2013年 10月

2013年  6月
YCE派遣及び受入れ。286,675円
薬物乱用防止講座の受講者に配布するQUOカード作成。441,700円
青木豊彦氏公開講演会、出演料、音響他、費用拠出639,217円
第53回読書感想文コンクールを主催。市内小・中学生から26,806点の応募。72名の受賞者に賞状等授与。201,842円
例会にて160本の植樹。209,807円
読書感想文コンクール最優秀受賞者3名を例会に招待し、図書券贈呈。
また、ハママツFMハローで優秀者朗読放送。133,700円
浜松ライオネット合唱団へ助成金。100,000円
アイバンクへ助成金。100,000円
1ゾーン合同YCE派遣アクティビティ。236,308円
1ゾーン合同アクティビティ 中学生と共の佐鳴湖ヨシ刈り。94,985円
藤原正彦氏公開講演会、出演料、音響他、費用拠出。1,829,302円
2013年  8月
2013年  9月

2013年 10月
2013年 11月

2013年 12月
2014年  2月

2014年  3月
2014年  3月

2014年  3月
2014年  4月
2014年  4月
YCE受入れ。254,000円
回収した中古眼鏡をオーストラリアリサイクルセンターへ船便送。70,300円
東日本大震災被災児童へ絆コンサートチケット寄贈。40,000円
1ゾーン合同アクティビティ 中学生と共の佐鳴湖ヨシ刈り。91,584円
薬物乱用防止講座の受講者に配布するQUOカード作成。440,000円
第54回読書感想文コンクールを主催。市内小・中学生から27,910点の応募。72名の受賞者に賞状等授与。187,582円
浜松ライオネット合唱団へ助成金。100,000円
読書感想文コンクール最優秀受賞者4名を例会に招待し、図書券贈呈。
また、ハママツFMハローで優秀者朗読放送。177,250円
佐鳴湖湖岸桜苗木植樹。262,758円
1ゾーン合同YCE派遣アクティビティ。310,000円
バザー「フェスタinソラモ」を開催。収益金の一部をフラワーパークへ
AEDを寄贈。音響他、費用拠出。1,005,257円

このページのトップへ戻る▲